今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
日立Hitachiの溶接機買取
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

日立(Hitachi)溶接機を売却したいなら”溶接機買取ドットコム”にお任せください!
日立製の溶接機を日本全国より宅配買取中でございます。
日立独自のデジタル技術の遂を集めた高機能溶接機を当店では買い取り可能!
中古品、新品未開封品、型式、年式は一切問いません。
当店特典として、見積もり査定無料!ご相談無料!高価買取をご希望のお客様、お電話お待ちしています。

日立(Hitachi)製の溶接機買取

日立の溶接機

インバーター式TIG溶接機、交直両用TIG溶接機、TIG溶接機、直流TIG溶接機、交直TIG溶接機、半自動溶接機、アルゴンアーク溶接機 などの、溶接機がご自宅、現場事務所、会社、倉庫などに眠っていないでしょうか?長年使い年期が入った使える製品でも売却できます。既にあたらしい溶接機を購入したなどの理由で不要な中古の溶接機を欲しがる方もおられますので、ぜひ廃棄処分せず当店にお売り下さい!

高価売却のポイント!

P1.付属品電源ケーブルユニット、制御ケーブルユニット、制御ケーブルアダプタ、デジタルリモートロン、トーチ、ガスホース、流量調整器、アルゴン調整器、アルゴンガスホース、ワイヤ送給装置、空冷トーチ、入力ケーブル、取説 など)がいい状態であれば査定UP!
P2.オプション品冷却水循環ポンプ、溶接電源、母材ケーブル、リモコンボックス、延長用ガスホース、延長溶接ケーブル など)をお持ちであればさらに査定UPが期待できます。
P3.年式の古い製品は、汚れが目立つようになります。売却時は出来るだけ綺麗な状態にして出されますと査定UPとなります。
P4.本体電源ケーブルの接続部やトーチ接続部に破損が無い事も大切ですので再度ご確認されてください。また、操作ボタン(スイッチ類)、メーター部分などに破損が無いかも確認をお願いします。
P5.水冷式の場合は、接続部分から水漏れがないかもご確認ください。
P6.業務用溶接機は、三相200Vの物などございます。周波数50/60共用かもご確認ください。
P7.未開封品は、開封されずにそのまま売却された方が高価買取となります。
P8.余りにも古すぎるものや元値が安すぎるもの、故障や不具合のある溶接機は買取り出来ませんのでご了承下さい。
P9.ボディカバーの取付ボルト・ナットなどは、全てついていますか? 緩んでいませんか?
P10.運搬用取っての取りつき具合など移動に支障はありませんか?
P11.冷却水循環ポンプは、正常に動きますか?
P12.溶接トーチ先端は変形などしていませんか?
P13.アースクランプに損傷はありませんか?
P14.ブレーカーは、確実に作動しますか?
P15.冷却ファンは、動きますか?
P16.冷却風吸気口、排気口の変形等で冷却風が、妨げられないですか?
P17.作動中に異常に温度が上がりませんか?
P18.バッテリーは、古すぎませんか? 液漏れ損傷などはありませんか? 収納部はきれいですか?
P19.充電に支障はありませんか?
P20.ケーブル接続部に異常な発熱はありませんか?
P21.入力、出力接続部分、端子の締付がゆるんでいませんか? 接触、絶縁は問題ありませんか?

溶接機の買取対応製品

ありとあらゆる種類の溶接機が買取り可能です!

交直両用 TIG溶接機

インバータペア 300GP5、300GP4、DT-NP5 など

直流TIG溶接機

200A DT-NPDX など

インバータ TIG溶接機

200NP5、300NP5 など

アルゴンアーク溶接機

DT-NPX など

直流TIG溶接機

200A DT-NPDX など

半自動溶接機

UY150E、500CF、DR-SA、DR-SG、DT-CS2、TS-ARC 350SA など

上記以外の型式・製品でも、溶接機なら買取出来る製品もございます。
査定は無料です!当店買取担当者まで、お電話にて気軽にご相談下さい!

日立 溶接機の買取実積

日立 溶接機 買取実積

日立とは?
日立Hitachi 溶接機

日立(株式会社日立製作所)は、1910年創業で1920年設立しています。
現在日立はグループ化していて、溶接機の製造販売からは撤退しています。
日立の溶接機は、日立精工が合併し、日立ビアエンジニアリングが製造販売をしていましたが、日立ピアメカニクスとの合併により、溶接機の生産が削減され、事実上の撤退に至っています。
アフターサービスは、7年間までは受け付けますと発表しています。
なお、レンタル事業に移行していて、溶接機の取り扱いは、レンタルとしては展開しているようです。
レンタルをしているのは、日立建機日本株式会社で、扱っているものは、ガソリン溶接機、ディーゼル溶接機、エアプラズマ・アーク溶接兼用機、交流アーク溶接機となります。
交直両用TIG溶接機は、平成22年に生産を終了しています。
消耗品などは、アフターサービスにより、供給できるようになっています。
インバータ TIG溶接機は、現在中古品のみ販売されているようです。
その他溶接機も全てレンタル又は中古販売のみとなっているようです。