今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
溶接機とは?

2016年12月9日

溶接機とは、金属を溶かす機器を用いて溶接を行えるようにしてくれる機械、もしくは機械の一部などのことです。

溶接というのは、主に個人ではなく企業で用いているものというイメージがありますが、近年では個人として溶接を行っている人が増えてきました。わかりやすいものでは、DIYを意識して溶接機を用いるというケースが該当します。

溶接というと、金属片と金属を溶接する場合を主に言うのですが、人によっては壊れてしまった物品を修復する目的で溶接される人もいるのです。溶接機の中には小型化されているものもありますので、最低限の溶接に関する知識があれば溶接できるものもあります。

例えば、ゴルフクラブの一部が破損した際ですが、個人の手でも 溶接機の力を借りることで同じような状態に戻すことは可能です。昔はゴルフクラブメーカーに連絡を入れる形で、修復可能か相談する必要があったのですが、現代では個人の力でも修復できるようになりました。

見た目的には修復の跡がどうしても残ってしまいますので、それほど技術を要求されないというものではありません。ですが、過去と比較しても溶接機の性能は大きく向上しています。

というのも、金属製品であればほとんどのものが個人の知識、技量で修復できるようになっているからです。アドバイスに関しては、溶接機を販売している企業のアドバイス、もしくは溶接に関する動画を見るだけでも十分でしょう。

ただし、ゴルフクラブのように小さな物品であれば良いのですが、 大きなドアの蝶番(ちょうつがい)、もしくは自動車の一部分など、精密な技術を要求されるものを修復するのは困難です。そのため、大きな物品を修復できる溶接機に関してはあまり個人では取引されておらず、ほとんどが企業の手により中古、新品などが買い取られているという現状になっています。

それと、溶接機はアーク溶接機が主流となっています。ですが、炭酸ガスアーク溶接機であったり、ミグ溶接機が存在するため、溶接機は全てアーク溶接に準ずるというわけではありません。

溶接機