今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
溶接機を高く売るコツ
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

溶接ロボが本格的に普及する前が高く売るタイミング

溶接ロボが本格的に普及する前が高く売るタイミング

溶接ロボは溶接を行なう産業用ロボットで、スポット溶接やアーク溶接、そしてまだ少数ですがレーザー溶接やガス溶接も行なうことができます。

スポット溶接は比較的大型なロボットで、自動車工場での溶接ラインなどで使用されています。

アーク溶接ロボットは比較的小型ですが、水平に保つためにポジショナーなどの周辺設備が必要になり、建設機械や鉄鉱フレームなどの溶接で使用されることが多いでしょう。

一般的に溶接ロボは自動車工場で数多く使用されており、その次に船舶、鉄鉱、橋梁などの分野で使用されています。

溶接ロボは人の代わり正確な溶接を続けて行なうことができ、危険な場所での溶接も行なうことができて便利です。

ポジショナー、スケーラー、トーチ、溶接棒などのオプション品もあれば査定UP

溶接機は自動車工場や製品造成工場、造船工場など幅広い場所で利用されていることと思います。

溶接機の買取を申請される場合にはまず査定を受けることになりますが、溶接機の状態や不具合や故障などはないか、詳しい状態を教えていただくことになります。

溶接機本体がきれいでキズなどなく、不具合などない方が高い査定額になる可能性があります。

またポジショナー、スケーラー、トーチ、溶接棒などの付属品がありましたら、査定を行う前にお知らせください。

購入された時にあった付属品や、別に購入されたオプション品などがある場合はさらに査定アップになりますよ!

付属品やオプション品もお忘れにならず、一緒にお送りください!

ウェルダーなどの大型より小型の溶接機が高くで売れます

溶接機にはアーク溶接やスポット溶接、レーザー溶接やガス溶接、溶接ロボなど様々な種類があります。

規模も大型のものから小型のもの、携帯できるものなど様々なタイプがありますが、買取市場ではウェルダーなど大型のタイプよりも小型の溶接機の方が高い価格で売れています。

工場に設備されて使用されている大型溶接機も数多くご使用のことと思いますが、製品製造工場や現場などで使用されている小型の溶接機の方需要が高く使用範囲が広いなどが理由となっているのでしょう。

小型の溶接機をご使用の方で新しい溶接機を購入された方や、事情で使わなくなった小型の溶接機をそのままお持ちの方は、是非溶接機買取ドットコムにご連絡ください!

ダイヘン、パナソニック、日立などの定番メーカー品が高くで売れます

ダイヘン、パナソニック、日立などの定番メーカー品が高くで売れます

溶接機は色々なメーカーから販売されており、その種類も半自動溶接機やアーク溶接機などとあります。その中でもやはり有名メーカーの製品の方が買取価格は高くなり、ダイヘン、パナソニック、日立など定番メーカーの溶接機は高価買取り出来ることが多いです。定番メーカーの溶接機の方が、流通しやすいので買い取りやすく、そのために査定額も高くなることが多いです。

もちろんこのような定番メーカー以外の溶接機も買い取りを行なっており、状態が良ければ十分に高価買取り出来る可能性はあります。まずは溶接機をお持ちの方は、一度弊社に査定に出してみてください。その上で納得の査定額になりましたら、弊社までお売りください。

鉄工所様などは1個売るよりまとめて売るのが高く売るポイント

溶接機を売るならば、鉄工所などで複数台使用しており、それらが不要となったなら、1台ずつ売るよりまとめて売っていただいた方が、査定額は上がり、高く売れる可能性はあります。使わない溶接機が複数台あれば、思い切ってそれらをまとめて売った方が高く売れます。

たとえば、郵送で買取りする場合は、まず梱包し弊社まで郵送していただき、査定し査定額に納得していただくと買取となります。この一連の流れでのコストは、1台売っていただく場合でも、複数台売っていただく場合でも総合的には同じなのです。そこで査定から買取まで同じコストであれば、1台よりも複数台売っていただいた方が、それだけ溶接機1つに対するコストは低くなり高値で買い取れる可能性が高くなります。

稼働時間が少なけれ少ない程、高くで売れます

溶接機は稼働時間が少なければ少ないほど高く売れることが多く、これは溶接機本体がそれほど使っていないと故障の可能性も少なく、本体も綺麗であるというのも1つの理由です。

そしてさらには溶接機は、トーチを使用して溶接を行ないますので、トーチやチップ摩耗や劣化というのがあります。長く使えば使うほど、チップは交換しないとなりませので、使う時間が短いとトーチは新品に近く、問題なく使用できます。

その他にも溶接機は定期的なメンテナンスも必要であり、冷却板を清掃する、変圧器などの配線の埃を取り除くなどのことも必要であり、電解コンデンサも数年に1回は取り替えないとなりません。新しい溶接機で使用時間も短いとなると、メンテナンスもさほどせずに使えるので、手間がかからず高値で買い取れるのです。

最新モデルの溶接機がとにかく高くで売れます

最新モデルの溶接機がとにかく高くで売れます

溶接機を高価買取りして欲しいとなれば、本体状態はもちろん重要です。アークが安定しているか、汚れは少ないかなどあります。

ただ溶接機も数年単位新製品が発売されますので、どうしても昔の製品はどんどん型落ちし古くなります。型落ちするとどうしても買取価格は下がってしまい、もう使わないと思うならば、そのときにすぐに売るのが一番高値で売れる方法であり、とりあえず置いておこうと思わず、すぐに売るべきです。使わなくなったときが、一番の売り時なのです。

また中古品であっても、人気のあるモデルや、元値が高額である溶接機は、高価買取り出来る可能性が高いです。しかしどちらかというと最新モデルの方が、高値での買取となることが多いです。

元箱が無い場合は溶接機の梱包を小さくなる様に工夫すると査定UP。

元箱がない場合でも、弊社では買取しており、郵送での買取となります。そのためにもしも溶接機を梱包する場合は、出来るだけ小さくしてコンパクトに梱包すると、買取価格が上がります。

梱包した溶接機の3辺の合計が160cm以内で重さが30kg以内であれば、西濃運輸での宅配買取となります。そしてコンパクトに梱包すると、それだけ運賃が安くできる可能性がありますので、その分買取金額は上がります。3辺の合計が大きくなったり、重量が30kg以上の溶接機は、運賃が上がりますので、それだけ買取価格に影響する可能性はあります。

また溶接機によってはパレット積みで梱包しなくて良い場合もありますので、事前運送会社に問い合わせてみてください。