今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
溶接機にはどんなタイプがあるか
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

溶接機にはどんなタイプがあるか

溶接機 種類

一言で溶接機といっても業務用から家庭用などタイプや目的によって様々な種類があります。

まずは電源は100ボルトで使用するか、200ボルトで使用するか、また溶接する材質は鉄やステンレス、アルミ、鋳物など何なのか、その材質の厚みなどによって適切な溶接機が変わってきます。

動力がエンジンのものやバッテリーのもの、直流インバータや交流アークタイプのもの、半自動溶接機などタイプも様々です。

それぞれの長所や短所がありますので、使用する材質や環境などに応じて選択する必要があるでしょう。

半自動溶接機の場合は簡単できれいに仕上がり、薄板溶接が可能なことから細かいアクセサリー用やDIY用としても使いやすい製品で、基本的に軟鋼用の溶接機でもMIGやMAGセットによりアルミやステンレスも溶接可能になったりしますので、アマチュアからプロの方にも幅広く利用されるタイプです。

ご家庭でのインテリアやバイクいじり、そしてフェンスや農機具のメンテナンスなどにも簡単に利用が可能です。

価格は様々で数万円の製品から10万円以上する製品まで様々です。

直流インバーター溶接機はアークが安定していて軽量な上、コード延長可能で取り回しが良くて溶接棒を使うので材質の違うものを溶接するために棒を交換するだけで可能なのも大きなメリットです。

移動しての溶接や工場でのあらゆる補修、日曜大工にもピッタリです。

エンジン溶接機はガソリンエンジンが動力となっているので、電源確保が困難な場所でも溶接が可能です。

エンジンの駆動音や排気の配慮が必要とはなりますが、移動性が抜群なことがポイントでしょう。

プロの方が業務用として使用されることが多い製品です。

バッテリー溶接機はガスの排出もなく騒音の心配もないので環境にも優しく、バッテリーさえあれば電源確保が困難でも使用可能な溶接機です。

交流アーク溶接機は比較的価格は安く、構造はシンプルで耐久性が高い溶接機です。

溶接棒の交換により違う素材を簡単に溶接することができて、コード延長が可能なので使いやすい製品です。

建設工事や産業分野のあちこちで使用されている溶接機でしょう。

溶接機の種類も様々で使用範囲も大きく広がっていますが、目的にあった溶接機を適切に利用することがとても大切です。

業務上でもご家庭でも安全には十分注意をして使用するようにしましょう。