今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
溶接機とは?
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

溶接機とは?

溶接機

あらゆる部材の接合部に熱や圧力、溶加材を加えて連結させるための機器を溶接機といいます。

溶接には長い歴史があり、青銅器時代や弥生時代の銅鐸にも溶接した痕跡が見られるほどで、今まで長い発展を重ねてきた上で、現在では建設や自動車産業、造船やあらゆる生活用品にも使用されるようになり、様々な工場や工事現場、ご自宅でも使用しておられる方が増えてきました。

弊社はあらゆる使用しておられない溶接機の買取を行っています。

今は使っていなくて倉庫や工場の片隅に放置されている溶接機をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

ありましたら是非弊社に売却して頂けませんか?

まずはどこのメーカーのどの様なタイプの溶接機をお持ちなのか、どれくらいの期間使用されて今の状態はどうなのかなどを詳しく教えて頂ければ、弊社のプロが査定を行って買取価格をお知らせ致します。

工場で鉄やアルミニウムのような金属を溶接していたものや、ご家庭で使用しておられたスポット溶接機だとか、加熱方式がアーク放電のものだとか様々な種類のものがありますが、まだ使用できる溶接機ならどのようなタイプの物でも買取させて頂いていますので、まずはお気軽にご連絡ください。

仕事現場で違うタイプの溶接機が必要になり新しい物を購入されて、既存のものは使わなくなり倉庫で保管してあるとか、最近使うことがなくなって数年間倉庫に置きっぱなしにしてある、なんてことはありませんか?

あらゆる電気製品などの機械はそのまま置いていると劣化して、どんどん古くなり結局故障してしまう恐れがあります。

まだ使えるうちに効率よく使うことができるようにすることが、資源の無駄にもならずに済みますよね。

誰かは必要なくなった物だったとしても、どこかで誰かが必要としている物です。

故障せずにまだ価値のあるうちに、高い価格で弊社に売却されるのはいかがでしょうか?

倉庫に保管していて数年後使おうと思って出してみたら、故障してしまっていて捨てたということになる前に、是非今すぐ弊社にご連絡いただけたらと思います。

電気製品や機械は使っていないと、サビてしまったり故障してしまいますので、そのようなことが起こる前に弊社に売却して頂けたらと思っています。

最近はあちことでリサイクルショップや中古品買取の業者がたくさんありますが、買取価格には大きな差があるようです。

弊社はできるだけ高い価格で買い取って手頃な価格で売却して、どちらも満足できるようにと心掛けているリユース企業です。弊社は土地も事務所も倉庫も自社保有のものなので、負担なく高く買い取って安く供給させて頂いて、どちらの方々にも喜んで頂いております。

これらにより売る側は現金収入、買う側はコストカットを実現させて、ゴミを減らし地球環境にも優しいとなると、リユースを行わない理由はないと思われます。

中古品が本当に売れるのか、売れたとしても処分価格くらいの費用ではないのだろうかと思っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

弊社は査定もきちんとプロの目で行っており、他社よりも高く買い取ってくれると評判の中古品買取リユース業者ですので、まずはお気軽に弊社にお電話をくださり、無料査定をお受けになってみてはいかがでしょうか?

不必要な溶接機をお持ちの方のご連絡をお待ち致しております。

溶接機の耐用年数について

溶接機の耐用年数について

溶接機の耐用年数は一般的には国税庁が指定した3通りがあります。1番長い耐用年数は鉄鋼業用設備14年が耐用年数となります。ついで金属製品製造業用設備で10年。1番短いものでその他製造業用設備で、9年の耐用年数となります。

溶接機の100Vと200Vの違いについて

溶接機の100Vと200Vの違いについては100Vは一般家庭では分電盤の配線を組み替える事で100Vから200Vに変更は可能ですが、一般的には家庭用コンセントでは100Vの使用が一般的です。しかしながら、溶接するパワーは200Vの方があります。

溶接機のレンタルについて

溶接機はレンタルもしています。溶接機にも様々なタイプの物があるので、利用シーンにあった物をレンタルする事が可能です。レンタル料金に関してはお近くの建設機器をレンタルしている所に聞くのがいいかと思います。

溶接機のアースについて

溶接機のアースとは、溶接される母材に溶接機の出力線を繋げる事を意味していて、電化製品等の感電防止のためのアースとは異なります。一般的には繋がっていない状態をアースが取れていないやアースが繋がっていないと言います。