今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
溶接の資格について

溶接の資格について

溶接機

溶接を行なうためにはどのような資格が必要でしょうか?

溶接にも様々な種類がありますので、それぞれの溶接に適合した資格が必要になります。

溶接の資格は安全に作業を行なうことができるように、事前にあらゆる知識を学んでおく必要があるので取得する必要があります。

溶接の資格には国家資格もあれば民間の資格もありますが、行なう溶接によって必要な資格がありますので、取得する前によく調べておく必要があるでしょう。

国家資格としてはアーク溶接作業者の資格がありますが、これはアーク放電を利用した溶接を行なうための資格です。

アーク溶接では4,000度くらいの炎を作り出して、溶接する素材によって使い分けられています。

ガス溶接技能者の資格はガスバーナーを使用して金属をつなぎ合わせる溶接する場合の国家資格で、ガス溶接を行なう初歩的な資格だとされています。

ガス溶接作業主任者の資格はガス溶接を指導することができる資格であり、実務経験を3年以上積んでから受験可能な資格です。

アルミニウム溶接技能者の資格はアルミニウム合金の溶接を専門とした民間資格であり、難易度が高くて自動車製造工場などで幅広く利用されている資格だといえるでしょう。

溶接管理技術者の資格は溶接関連の知識や技術だけでなく、施工計画や作業管理など職務能力が必要とされる民間資格です。

官公庁から工事受注する際には必ず必要な資格であり、溶接技能者として上位の資格だと認められています。

特別級と1級、2級という3段階のレベルに分かれています。

溶接作業指導者の資格は溶接を行なう現場で指導を行なう時に必要とされる、溶接の経験が豊かな作業者だと認定する民間資格だといえるでしょう。

工場で溶接を担当する班長や溶接の現場監督など、溶接の指示や指導を行なう際に必要な資格です。

この他にもボイラー溶接士やPC工法溶接技能者、チタン溶接技能者、ステンレス鋼溶接技能者などの資格があります。

溶接の資格にも様々なので、どのような資格から取得して良いのか分からない、という人もいるようです。

まずはどのような溶接を行なうか決まったらガス溶接技能者またはアーク溶接作業者の資格を取得することが大切でしょう。

その後経験を積んでからはさらに専門的な資格を取得して、さらに高い技術にチャレンジするのも良いでしょう。

技能者の資格を取得すれば業務上技能者だと名乗ることができて、専門家と見なされるからです。

このような点を熟知した上で、適した資格を取得するようにしましょう。