今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
溶接の種類
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

溶接の種類

溶接

溶接とはあらゆる二つ以上の部材の接合部分を、熱や圧力などを加えて溶加材も加えたりして接合する方法です。

溶接をさらに細かく分けると融接、圧接、ろう接に分けることができます。

溶接は古代の青銅器時代にもその痕跡が見られていて、日本の弥生時代の銅鐸にも溶接された跡が発見されています。

思っていたよりも随分古い時代から、溶接が行なわれていたことが分かります。

現在では自動車産業や宇宙工学、造船、建設業、生活用品などでも幅広く利用されています。

融接にはガス溶接とアーク溶接、エレクトロスラグ溶接、電子ビーム溶接、レーザービーム溶接などがあります。

圧接には抵抗溶接や 鍛接があり、ろう接にははんだ付けやろう付けがあります。

溶接をするためにはくっつける部分を溶かす必要がありますが、摩擦接合や圧接の場合には融点に達するほどは加熱せず。母材は普通金属です。

銅やアルミニウムのような金属を溶接するためには、かなり高温でなければなりません。

さらに接合する部分だけを溶かす必要がありますので、接合する部分だけを集中して過熱して、さらには最少のエネルギーで効率的に溶かす必要があるでしょう。

主に電気抵抗で加熱したりアーク放電で過熱する方法が使用されます。

またその他にもガスや電子ビーム、レーザーで加熱する方法もあり、使用方法やコストの面で使用される範囲が決定されます。

現在最も多く使用されているのはアーク溶接とスポット溶接で、普通溶接といえばアーク溶接のことであり、スポット溶接は板金や自動車工場などでよく利用されています。

接続する母材の間に隙間があれば、その空間を埋めるために溶加材が使用されています。

また隙間がない場合にも強度を増すために溶加材が使用されることも多いでしょう。

アーク溶接は普通溶加材が使用されていますが、これはつまり溶接棒のことです。

スポット溶接は溶加材はほとんど使用されません。

溶接は時間や材料、工数も最小限に抑えることができて経済的であり、強度も高く仕上げることができてどのような接合も可能にさせることができます。

変形や内部のストレスによる性質の悪化などをなくせば、長所を生かして効果的に溶接することができるでしょう。