今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
溶接の方法
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

溶接の方法

溶接の方法

溶接の意味と方法について

溶接というのは、部材(金属等)を二つかそれ以上を揃えて接合する部分に圧力や熱を加えることで他の溶接する為の材料を追加したり、接合する部分を連続して一体化して1つの部材を接合する方法です。

溶接には、圧接や融接、ろう接に分けられており、現代社会の日本国内においては造船業や宇宙科学、建設や建築業界や自動車産業においてなくてはならない存在です。つまり、二つ以上ある部材を溶かして一つにすることを意味します。

溶接を行う際には部材を溶かします。まず、溶接には、融接と圧接という2つの方法から成り立っています。

溶接の種類

1. 融接

融接を行う際には、ガス溶接やアーク溶接と二つの種類に分かれています。

2. 圧接

圧接を行う際には、摩擦溶接や抵抗溶接という方法があります。
中でも融接によるアーク溶接は、建設業界などに使用されることが多いようです。そこで、最も使用する頻度が多いとされるアーク溶接を例に挙げていきましょう。

①道具を用意する

1. アーク溶接機

2. マスク

3. 溶接する鉄製の棒(溶接棒)×2本

4. エプロン

5. 溶接のカスをたたき落とすハンマー

アーク溶接とは、電力を使用して部材(溶接棒と金属)を溶接する方法です。溶接の中でも最も溶接効果の高い方法です。溶接棒といわれる棒を用意して、電流を発します。そして、棒を結合させる金属の部分に当てて溶接棒を使用して金属を何度かカンカンと音が出るまで動かし、電流が流れます。こうした電流による熱で金属が溶けて、溶接することが出来ます。

②上手な溶接を行うためのポイント

1.溶接機の機械を定期的に点検する

部材と部材が上手く溶接するためには、ケーブルや電源、溶接トーチやワイヤー送給装置などをしっかりとお手入れすることが大切です。溶接機に異常な臭いや音や損傷がないかを確認することが必要です。その為、定期的に点検をすることで溶接機の突然の故障を予防することが出来ます。

2.電流を調整させる

溶接を上手く行うためには、電量を調節することが大切です。もし、電流が大きくなってしまうと溶接するための部材が溶けてしまいます。また、電流が小さいと部材が上手く溶けずに溶接が出来なくなってしまう可能性があると言われています。

そこで、溶接する為の部材と溶接する棒との距離を上手く維持することによって、溶接棒と部材と良いバランスを保つように使用しましょう。

初めてで不安な方は、使用しなくなった少し厚みがある部材を使用して溶接してみると良いでしょう。

>>溶接の方法について詳しく!