今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
キャプタイヤ、自動遮光レンズ、火口なども買取可能!
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

キャプタイヤについて

キャプタイヤについて

キャプタイヤとは正式にはキャプタイヤケーブルのことで、固定配線を必要としない移動用電力供給ケーブルのことをいいます。

通電状態のままで移動が可能なケーブルで、電気が通る導体部分には銅が使用されていて、銅線自体の絶縁や心線外側シースはビニールやゴムで覆われています。

大きく分けると耐摩耗性と耐衝撃性に優れたゴム系のものと、柔軟性や耐水性、耐熱性に優れたビニール系のふたつに分けることができるでしょう。

キャプタイヤの使用用途としては工場内で釣り下がっているあらゆる給電や制御を行なったり、倉庫の昇降、ゴミ処理クレーン、自動車メーカー、溶接用、飛行場などあらゆる場所で利用されています。

キャプタイヤケーブルは許容電流や許容張力、曲げ半径、構造やクラスなどの条件によって仕様が変わります。

大きく分けると動力用制御用で利用されるのがキャプタイヤで、動力用の場合にはモーターや者を動かす力として利用され、制御用の場合にはものを操作する細かい動きを必要とする場合に利用されています。

キャプタイヤケーブルはさらに進化していて、FAケーブルロボットケーブルとしても利用されており、さらに幅広い分野で利用されることになるでしょう。

自動遮光レンズ火口について

動遮光レンズ火口について

自動遮光レンズとは溶接を行う時に使用するレンズのことで、溶接光の紫外線に反応してレンズの遮光度を3から11に瞬間に変えてくれる便利なレンズです。

レンズの両側に紫外線を感知するセンサーがついていて、そのセンサーが紫外線を感知することにより遮光度を変える仕組みになっています。

角度や使用方法によってはこのセンサーの感知が遅れたり妨げられたりして、瞬間に遮光度が元に戻ったり変わらなかったりすることもあります。

この自動遮光レンズは溶接フードに装着されていたり、防御用具にはめて使用したりして、溶接の光から作業員目を保護する役割を果たしています。

溶接保護用品は手で持つものが今まで一般的でしたが、最近では作業員の安全を第一に考えて首までスッポリかぶるマスクタイプのゴーグルや、ヘルメットタイプの保護具など様々なタイプが発売されています。

自動遮光レンズが紫外線に反応する時間は1/25000秒だといわれており、まさに即時に反応するので作業員の目を安全に保護することができるようになりました。

材質はポリカーボネイトとABS樹脂で作られていて、溶接作業員の安全第一を考えています。

火口について

火口について

溶接において火口(ひぐち)とは溶接用語のひとつで、ガス溶接トーチや切断トーチの先端部分のことをいいます。

溶接の用途によって溶接火口、切断火口などがありますが、溶接で炎を作る部分となり、溶接したり切断するときに効率を左右する重要な部分となります。

溶接する際にトーチの最も先の部分が火口となります。

溶接機器から伸びたホースを通じてガスが伝わってきますが、そのホースの先端にトーチが装着されて、トーチの根元のガスバルブや酸素バルブを操作することにより空気とガスが伝わってきて、混合管を伝わり混合ガス管を通じてトーチヘッドに来て火口から炎として出てきます。

まさにこの火口から出てくるが溶接するときに重要な役割を果たすので、その炎の勢いや強さ、大きさによって溶接や切断が上手にできるかどうか左右されます。

この火口だけを別途購入したり取り替えたりすることもできますが、毎日のように溶接をされる場合にはこの火口が詰まったり破損したりなど不具合がないように、いつも点検しておくことが大切でしょう。

キャプタイヤ、自動遮光レンズ、火口なども買取可能!

溶接を行なう時には溶接機だけあればできるということではありません。

溶接を行なう周辺をきちんと整理して危険な事故などが起きないように整理することが最も重要です。

次に溶接機を稼働させる電源の確保や、溶接する作業員の目や身体の保護、そして溶接機から思い通りの炎を効率的に出させて、溶接や切断を効率よく進める事がとても大切です。

このためには溶接機はもちろん、電源確保のためのキャプタイヤや、目を保護するための自動遮光レンズ、思い通りの炎を出すことができる火口など、溶接に必要なこれら付属品をきちんと準備しておく必要があるでしょう。

溶接機買取ドットコムでは溶接機はもちろん、キャプタイヤ自動遮光レンズ火口など溶接に必要なあらゆるツールも共に買取しておりますので、溶接機を買取に出されるときには一緒にこれら付属品もお送りいただけたらと思います。

溶接機を毎日のように工事現場や工場などで使用しておられる場合には、溶接機が汚れていたりその他付属品も汚れやつまりなど不具合が起こっている可能性があります。

査定をお受けになるときにはきれいな製品であるほど査定アップにつながりますので、溶接機やその他付属品も拭き掃除などを行ってできるだけきれいな状態でお送りいただけたらと思います。